七五三とは

| 七五三とは | 七五三の衣装 | 千歳飴 | リンク集 |

七五三とは

七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな成長をお祝いし、
これからの成長を願い神社に参拝する行事です。
3歳と7歳の女の子、5歳の男の子をお祝いする地域もあります。

また、最近は数え年、満年齢にこだわらずお祝いすることが多くなりました。

七五三は11月15日にお祝いをしていましたが、最近は15日にこだわらず、
11月15日前後の土日を中心に多く七五三のお祝いが行われています。

昔は子どもが3歳まで生き延びるのは大変なことでした。
5歳、7歳まで生きるのはさらに大変なことだったので、その節目に子どもが無事育ったことを祝い、
健やかな成長を祈る儀式が定着した、と考えられています。

PR 七五三の思い出を写真に・・・
撮影用の貸衣装から着付け・ヘアメイクまですべておまかせ。
「スタジオ・ルイ」の七五三撮影。
〒434-0044 静岡県浜松市浜北区内野680-2
TEL:053-586-3565 9:00〜18:00(定休日 木曜日)

「髪置(かみおき)の儀」は、男女3歳のお祝いです。
昔は頭髪から病気が入ると考えられていました。
そのため3歳までは男女とも髪を剃っていました。
そして、3歳を節目に髪の毛を伸ばし始めました。

「袴着(はかまぎ)の儀」は、5歳の男の子が初めて袴を着るお祝いです。

「帯解(おびとき)の儀」は、7歳の女の子のお祝いです。
それまで、紐で着物を着ていた女の子が帯で着るようになったお祝いです。

七五三は、それまで公家や武家の文化であったものが江戸時代に大衆化して、
節目に神社へお参りするようになったのです。

日本では、奇数を陽数、偶数を陰数と呼び、奇数は縁起の良い数と考えられています。
そのため、元日やひな祭りなど節句が奇数の重なる日となっています。
七五三もこのように奇数の年齢を喜び、成長の節目としてお祝いするのです。

PR 小児歯科で虫歯予防
伝治山歯科 http://www.denjiyama.com/
愛知県名古屋市緑区鳴海町字赤塚102-2
ご予約:052-891-1182
託児所完備の歯医者ですので小さいお子様連れでも安心。

PR 結姫 〜ココロとカタチに残るご祝儀袋〜
http://musubime-japan.com/
「結姫」は利用後も巾着袋として使える祝儀袋。
美しい反物と越前和紙製のし札、手作業による水引がお祝いに華を沿えます。